アース・アワー(Earth Hour)

3月28日は気候変動の関心を集める最大規模の催し物がありました。"アース・アワー(Earth Hour)"と呼ばれているもので、WWF(World Wildlife Fund)によって主催されました。アース・アワー(Earth Hour)のホームページには次のように書かれています。"歴史上初めて、全ての年齢の人々、全ての国々の人々、そしてあらゆる人種およびあらゆる背景を持った人々が彼らが持つ"ライト"の明かりを一票として参加する機会を得たのです。ライトのスイッチをOFFにすることにより地球への一票となり、ONとすることは温暖化へ一票を投じることとなるのです" と。

 このアース・アワー(Earth Hour)のキャンペーンについては、人により様々な意見があるようです。手遅れであると言う人や、変化を起こすにはあまりに小さすぎる、という人などです。私はまた違う意見であり、違った視点を持っていますが、たとえば人がエネルギー節約の必要性を理解せずにライトを消すことは全くノンセンスであると思う一方、私にとってみれば、このイベントは私たちが住む世界に対する関心を私たち皆がより深めるための刺激になるものだと思っています。それは決して遅くはないでしょう。

 私は皆が省エネを心がけるべきだと思っています。もちろん私も挑戦し、ちょっとしたことではありますが実際に行っています。たとえば、自分の服をきちんと畳むこと。こうすることにより、アイロンがけする必要がありません。そして、換気扇を使わずに朝と晩にドアを開けっ放しにします。換気扇を使うときは2つではなく1つだけ使います。又、使わない時はコンピュータの電源をOFFにします。YouTubeでビデオを見るのではなくね。確かに、現在のような不況の状況下で何千人もの人が仕事を失っているような状況下では特に温暖化の問題は関心事としては常に2番目になってしまうでしょう。そんな状況でも、賢い人は生き残って、尚かつエネルギーを節約することができるのです。エネルギー節約は価値のあることです。私たちは自分自身を救い、そして、更には地球を救うことにもきっとなるのですから。

2009/03/29 Mylene
ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation