クリスマスにちなんだ英語



もう直ぐクリスマスですね!ということは今年も残すところわずか。
夏が終わると年末が来るのが本当に一瞬だなぁと毎年思います。
日本ではクリスマスは友達や恋人と過ごし、年越しやお正月は家族で過ごすのが一般的ですよね。
北米では逆で、クリスマスは家族と過ごし、年越しやお正月は友達や恋人と過ごすのが一般的なんです。
でもよく考えてみると、クリスマスは海外から来た文化なので、それ以前からあった伝統的なお正月を日本人がより大事にするのは納得です。
それに日本ではなぜかクリスマスイブの方がメイン感ありません?クリスマス当日はMeh(どうでもいいわ〜)的な空気ありません?
ターキーではなく日本ではKFCを食べる人が多かったり、現在の私たちが経験している日本のクリスマスは完全に日本ナイズされたクリスマスです。

そこでクリスマスは誰がいつ日本に伝えたのか気になったのでちょこっと調べてみました。1552年にキリスト教を広めたフランシスコザビエルが12月24日に信徒を集めてミサを始めたことが始まりだと言われています。ペコちゃんでお馴染みの不二家がクリスマスケーキを販売したことからブームに火が付き、デパートメントでクリスマスデコレーショングッズを発売し始めたことで、自宅でもデコレーションするようになったりと様々な商売戦略が当時の人々に多いに影響を与えたそうです。ちなみにサンタクロースのイメージカラーも当初は白や青など特に決まりがなかったのをコカ・コーラ社が看板商品と同じカラーで連携させ宣伝し始めたことで定着したそうです。今となれば、白と赤以外のサンタさんなんて想像できないですよね (o´・ω・)

Anyways, 今日はクリスマスにまつわる英語をご紹介したいと思います♪

とその前に・・クリスマスって日本ではX'masって書きますよね。多くの企業でさえ使っていますが、これ実は間違いって知っていましたか? (/x_x)/
正しくはXmasかChristmasですので覚えておきましょう。

●Advent Calendar


⇒日本ではお正月が来るのを「もーいくつ寝るとお正月・・」と心待ちに数えるように、北米ではクリスマスが来るまで後何日という風に数えます。そのカレンダーをアドベントカレンダーと言います。BOX状で基本使い捨ての紙で出来た12月1日〜24日までのカレンダーで、日付のところに小さな窓が付いていて、それを開くとチョコレートやキャンディーなどが窪みに埋まっています。毎日1つずつ開けてクリスマスまでの24日間をワクワクしながら過ごすそうです。日本にはまだあまり知られてない何だかほっこりする可愛らしい習慣ですよね。

●Eggnog


⇒牛乳、クリーム、砂糖、溶き卵で作った牛乳ベースでできた甘〜い飲み物をエグノッグと言います。ナツメグやシナモンの香りが漂うクリスマス近くになるとスーパーマーケットに並びたし、これが売られているのを見ると、今年もクリスマスの時期が来たなぁってなる定番のクリスマスドリンクです。ラム・ブランデー・ウィスキーなどを入れて飲むのもオススメです。もし欧米でクリスマスを過ごす機会があれば是非試してください。

●Gingerbread House


⇒日本でも流行りつつあるのでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、要するにお菓子の家です。チョコ・グミ・キャンディーなどを買ってきて、クッキーでできたお家にデコレーションして食べたり食べなかったりします。私も去年初めてカナダ人相方SとSの家族と作ったのですが、めっちゃ楽しかったです。キットとかも売っているので、子供のものだなんて怪訝せず、お友達や恋人と作ってみると楽しいと思うので大人なあなたも是非お試しください ♪

●Stocking


⇒日本ではクリスマスの靴下と言いますが、Christmas socksとは言いません。ソックスは短いイメージなのでプレゼントをたくさん入れることは難しく落っこちてしまうからストッキングぐらい長い靴下とイメージすると覚えやすいかもしれません。このストッキングにはパパやママ(もしくはサンタさん)が入れてくれた小さいプレゼントがたくさん入っています。大きいプレゼントはツリーの下に置きます。日本の家庭では子供は大きくなったら親からクリスマスプレゼントはもうもらえないというのが一般的な流れではないでしょうか?北米では親子両方プレゼント交換を一生続けます。だからいくつになってもクリスマスはワクワクするイベントなんですね。

●Chimney

 煙突


⇒クリスマスといえばサンタさん。サンタさんが暖炉のそばにプレゼントを置きにやってくるのは煙突からですよね。英語ではチムニーと言います。

●Fireplace

 暖炉


⇒クリスマスには暖炉の周辺にストッキングを飾ります。私は子供のころ、海外ドラマのクリスマスのシーンで必ず出てくる暖炉があるお家に住むのが夢でした (*´∇`*) 最近はガス暖炉が主流なおうちが多いです。

●Reindeer

 トナカイ


 ⇒鹿は英語でDeerと言います。トナカイは レインディアーと言います。ところで『真っ赤なお鼻のトナカイさん』に名前があるって知っていましたか?海外(原作)ではRudolphと言います。英語の練習に一度原作を英語で見てみるのはいかがでしょうか?

●Sleigh

 ソリ


⇒サンタさんが乗っているソリはスレィと言います。ちなみに小型のソリはSled(スレッド)と言います。発音が似てるような似てないような・・

Candy cane


⇒Cane(ケイン)とは杖を指します。 Candyは飴ですので、飴でできた杖という意味です。もっとも有名なのは赤と白でできたストライプの飴ですが、グリーンや黄色、青、ピンクなど何色でもありです。ちなみに味は赤と白の場合はペパーミントです。 なぜクリスマスに杖なのかというと、羊飼いが使う杖を表しているとか、上下を逆さまにするJesusの頭文字であるJの形になり、迷える子羊を導くJesusを表しているとか諸説あるそうです。


少しは北米のクリスマス文化を知っていただけましたか?Christmasって日本語でクリスマスって言うし、何するか知ってるよっと思ったら大間違い。 海外でその現地人と過ごして、そのイベントを体験させてもらって初めて本当の意味が知れます。単語の意味を知ることだけではそのBackgroundやCultureを知ったあことにはならないので、言語学習も身をもって経験することが大切だなと日々思います。 日本は忘年会のシーズンでしょうか?私のいるカナダでは忘年会なんてものはなく、クリスマスパーティを開きます。友達との忘年会が恋しいなぁなんて思う今日この頃ですが、私にとっては2度目のカナダでのクリスマスがもうすぐやってくるで楽しみです。ともあれ、今年のレッスンはこれが最後となります。2017年はどんな年でしたか?やり残したことはありませんか?ではではまた来年のレッスンでお会いしましょう ★

Merry Christmas and Happy new year guys <3

By Peco
ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation