Be動詞って何?(文法編1)

英会話の初心者の方の悩みの一つがBe動詞と一般動詞の違いじゃないでしょうか?ただでさえ、動詞と言う言葉自体に抵抗を感じるのに、Beとか一般とかって一体何???って思いますよね!

と言う事で、今回は簡単にBe動詞について説明してみます。これを読むとBe動詞のイメージが分ると思いますよ!


Be動詞とはam,is,areのこれらがBe動詞の現在形です。

簡単な使い方としては以下の通りです。 

am --- I am ken. 私はケンです。
   I am Japanese. 私は日本人です。
   I am in Tokyo. 私は東京にいます。
   I am happy. 私は幸せです。

is ---He is Tom. 彼はトムです。
   She is American. 彼女はアメリカ人です。
   It is a dog. それは犬です。
    He is angry. 彼は怒っています。

are----You are Jim. あなたはジムです。
    We are Japanese. 私たちは日本人です。
    They are nice guys! 彼らは良い人ですね! 

このように、Be動詞は日本語の「です、います、あります」に近い使い方をします。
でも、これは、あくまでも近いという事です。
「am,is,are」=「です、います、あります」ではありませんので注意してください。

Be動詞はイメージした時に動きがありません。
上記の例の様に、「私は~です」や「私は~います」の様に主語「私、貴方、私たちなど」の状態を表す時に良く使われます。

また、Happy(幸せ)angry(怒っている)nice(良い)などの形容詞の前にも使われます。
これも、主語の気持ちや感情の状態を表していることになります。

このように、Be動詞は動く表現ではなく、状態、状況を現す時に多く使われる動詞と覚えてみて下さいね。

それでは今回はこの辺で、 See you next time!
ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation