前置詞の覚え方(at:場所)

英語の中で難しい物の中の一つが前置詞ですよね?前置詞は、日本語の(は、に、え、の)などと同じような働きがあります。
前置詞は、「前置詞+名詞」の様に名詞の前にきます。また、「動詞+前置詞」と動詞とのセットで使われる時も多いです。
ちょっと難しい前置詞ですが、頑張って前置詞の使い方とイメージを身につけてみましょう!

今回はatで場所を示す時の使い方について説明してみます。



◎at(~に)
ピラミッドをイメージしてみて下さい。atはピラミッドの頂点にあたり、ピンポイントに、場所を指す時に良く使われます。例えば建物などですね。
ちなみに、onはピラミッドの中段でatよりも広い範囲の事を指し、inは一番下の段でonよりも広範囲の事を指すイメージです。

以下がatを使った例文です。

・I was at home when the storm came. (嵐が来た時、私は家にいました。)

同様に以下のようにも言えます。

・I was at the school when the storm came. (嵐が来た時、私は学校にいました。)
・I was at the station when the storm came. (嵐が来た時、私は駅にいました。)

このセンテンスを、以下のようにするのは間違いです。

・I was on home when the storm came.x
・I was in home when the storm came.x

I was on homeとすると、何か家の上や外側に貼りついていた感じになります。
I was in homeは、言いたい事は伝わるかもしれませんが、家のどこにいたのかきになりスッキリしません。。。なので、家にいたという時はat homeになります。

次回はatで時間を指す場合の使い方についてです。
それでは、See you next time!

by KAZ
ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation