If~I would/could~(仮定法過去形)

Hey guys! How are you doing?
今回は仮定法過去完了形について説明していきます。



これまで、仮定法の現在形、過去形を説明してきましたが、仮定法過去完了形は、仮定法の中でも皆さんにとってわかりずらい所かと思います。
完了形という呼び名がなかなかピンとこなく、イメージが湧きにくいのが原因の一つと思いますが、これまで通りポイントを押さえれば大丈夫ですので、頑張ってみましょう。

仮定法過去完了形は、過去に起きた状態、状況と違う事を言う時に使われます。
例えば、
もし~だったなら、~できたのに、や、
もし~だったなら、~だったのに、
などの様に、過去に起きた状況とは反対の事や、希望、願望を述べる時に使われます。

◎仮定法過去形は以下の2つの短いセンテンスで作られます。
1.If+主語+had+過去分詞
2.主語+(could,would,might,should)+have+過去分詞

◎仮定法過去完了形の使い方
If I had got more money last month,I could have bought a new computer.
(もし先月、もっとお金があったら、新しいパソコンを買うことが出来たのに。)

If you had not been sick last weekend,I would have taken you to the concert.
(もし先週末、君が病気じゃなかったら、コンサートに連れて行けたのに。)


上記2つの例文は、前回の過去形で使ったセンテンスを過去完了形に変えたものです。時制を過去に変え、主語の後にhadと過去分詞、そして次の主語の後にhaveと過去分詞に変更すれば「仮定法過去完了形」となります。

次回は、仮定法の現在形、過去形、過去完了形をまとめて解説してみます。

それでは、今回はこの辺で!
See you next time!
ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation