仮定法現在形、過去形、過去完了形のまとめ

Hey guys! How are you doing?
今回は、これまでやってきました仮定法の現在形、過去形、過去完了形をまとめて説明してみたいと思います。



1.仮定法現在形(~なら、~でしょう)
用途:予想、予測
構成:1.If+主語+動詞の現在形(単純現在形)
2.主語+will+動詞の原形(単純未来形)

例文:If you aren't sick tomorrow, I will take you to the concert.
(明日、もし君が病気じゃなかったら、コンサートに連れて行くでしょう。)


2.仮定法過去形(もし~なら、~できるのに、~なのに)
用途:希望、願望
構成:1.If+主語+動詞の過去形
2.主語+(could,would,might,should)+動詞の原形
例文:If you weren't sick today, I would take you to the concert with me.
(もし今日、君が病気じゃなかったら、私と一緒にコンサートに連れて行くのに。)


3.仮定法過去完了形(もし~だったなら、~できたのに、~だったのに)
用途:希望、願望、後悔
構成: 1.If+主語+had+過去分詞
    2.主語+(could,would,might,should)+have+過去分詞
例文:If you had not been sick last weekend,I would have taken you to the concert.
(もし先週末、君が病気じゃなかったら、コンサートに連れて行けたのに。)

わかり安くするために、現在形には(tomorrow)過去形には(today)過去完了には(last weekend)と時制が分りやすい単語を加えてみました。

まとめとしては、
現在形は、予想される未来の事
過去形は、現在で起こらない事
過去完了形は、過去に起こらなかった事
以上の様にわけると覚えやすいでしょう。

もちろんこれだけではありませんがイメージが付きやすいかと思います。

それでは、今回はこの辺で!
See you next time!
ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2018 Matsuesoft Corporation