チャット機能

スカイプ上でショートメッセージを送受信できる機能です。

相手がオフラインの時に送信したメッセージは送信が一旦保留され、お互いが「同時に」オンラインになって初めてメッセージが相手に届きます。Emailとは異なりますのでご注意下さい。

よって、スカイプのチャット利用は基本的に授業中のみとし、それ以外の場合、特に生徒様がオフラインの場合の連絡はEmailを使って行わせて頂いております。 生徒様につきましても、先生への前もっての連絡はスカイプのチャットではなくEmail(会員ページに入力フォームがございます)での連絡をお願いいたします。
上記の特徴を理解した上でチャットを利用することば問題ございません。

コール機能

インターネット経由での通話が可能な機能です。

着信履歴は、「かけた側」は必ず残りますが、「受けた側」に残るのは「お互いがオンライン」だった場合のみで、受け側がオフライン(回線不調も含む)場合には残りませんので、普通の電話のように「かけ直し」は必ずしもできません。
よって、回線不調の時は着信履歴が残りません。

スカイプの通話テスト

ユーザ echo123 に通話することによりスカイプの通話テストが可能でございます。アナウンスを聞いた後、10秒間声を出して頂くとその内容がそのまま返ってまいります。自分の声を聞くことができればテストはOKとなります。 レッスン前までに、特に初回の場合は通話テストを行っておくようお願いいたします。

ヘッドセットを推奨

ノイズやエコーがかかったり、うまく音声が入らない場合はヘッドセットをお試し下さい。

初めてのレッスン時には先生をコンタクトリストに追加して下さい


画像をクリックすると拡大されます。

先生からコンタクトがあった際は、許可してコンタクトリストに追加して下さい。
通常は先生からコンタクトさせていただきますが、生徒様から先生のスカイプ名(スカイプのユーザ名)をコンタクトリストに追加する場合は、そのスカイプ名(スカイプのユーザ名)で検索した後に「コンタクトに追加する」ボタンを押してコンタクトリストに追加できます。

画面はお使いのOSやスカイプのバージョンによって若干異なる場合がございます。

スカイプでのチャット方法

通話していない状態、或いは、ビデオを使っていない通話中は左図の赤丸で囲まれた領域にチャットメッセージを入力してからリターンキー(改行キー)或いは入力領域右側に表示されている青丸ボタンを押して頂きますとメッセージが送信されます。

スカイプのチャットは、自身とメッセージ送信相手の両方が同時にオンラインになった時にメッセージが送信されます。 両方同時にオンラインにならない場合はメッセージは送信されません。この点、電子メールとは異なります。

通話中は画面下方にありますボタンのひとつを押しますとチャット欄が出たり隠れたりします。レッスン中は常に表示させるようにしておいて下さい。

ビデオ通話中は、チャット領域が隠れている場合がございます。チャット領域が隠れていた場合は左図で示されているボタンを押して頂きますとチャット領域が表示されます。

ビデオ通話中にチャットをする場合、このような画面になります。左図の領域にチャットメッセージを入力してからリターンキー(改行キー)或いは入力領域右側に表示されている青丸ボタンを押して頂きますとメッセージが送信されます。

画面はお使いのスカイプのバージョンによって若干異なる場合がございます。

 

Skypeによるファイル受信方法

先生からレッスンに使用するファイルが送信されることがありますので、 「保存」ボタンを押してファイル受信を行って下さい。

 

Windowsでスカイプのウィンドウを閉じてしまった場合

チャット中、或いは通話中(授業中)にスカイプのウィンドウを閉じてしまった場合、以下のいずれかの操作をすることでスカイプのウィンドウを再度表示させることが出来ます。

  1. スタートメニュー(Windowsの場合)から再度スカイプ(Skype)を選択・実行する。
  2. 下図のようにタスクバーのアイコンをダブルクリック、或いは、右クリックメニューから「Skypeを開く」を選択します。

Skypeトラブルのよくある質問と答え(FAQ)

  1. 通話音質の問題
  2. マイクが使えない場合
    • イヤホンジャック形式の場合、接触を確認して下さい。又、ジャックが正しい端子に刺さっているか確認して下さい。
    • ヘッドフォンにマイクのON/OFFが付いている場合、OFFになっていないか確認して下さい。
    • 設定がミュート(無音)になっていないか確認して下さい。
  3. マイクの声が小さい場合
    • サウンド設定に”マイクブースト”という設定があればONにしてみて下さい。
      ただしONにしますとノイズは増えますのでOFFで問題なければOFFでご利用下さい。
  4. Webカメラが使えない場合、或いは不安定な場合
    • Webカメラの型番を確認して頂き、その型番の機種がお使いのOSで使用可能かどうか確認して下さい。Webカメラのホームページの製品情報あるいはサポートページでご確認いただけるかと思います。
    • Webカメラ自体の設定が済んでいるかどうかご確認下さい。
      • 設定済の場合、スタートメニューにカメラのツールが表示されている場合が多いです。(機種によります。スタートメニューには何も表示されない機種もあります)
      • 単体で動作確認ができるアプリケーションが付いている場合はそちらで動作をご確認下さい。(多くの場合、スタートメニューにカメラのユーティリティが追加されていて、そちらを起動して確認します。機種によってはユーティリティは付属しておりません)
      • 設定済ではない場合、製品付属のCD等をお使い、設定を完了下さい。製品によってはCDが付属しておらず、ホームページからドライバー(動作に必要なものです)をダウンロードして設定する機種もありますのでWebカメラの説明書をご確認下さい。
    • Webカメラ自体は正常に動くが、Skypeから使用できない場合
      • ビデオキャプチャ(テレビ表示/録画機能)がONになっている場合はWebカメラが正常に動作しない場合がございます。使っているつもりはなくても自動録画機能が働いてONになっている場合もありますので設定をご確認下さい。
ログイン当サイトのユーザ名(ID)でログイン
クイックログイン:Facebookのアカウントで即時ログイン(ログイン情報保持オプション:ON) / 入会
[日本語] [English] [简体中文] [繁體中文] [한국] [Español] [Português] [Français] [हिन्दी]

© 2008-2017 Matsuesoft Corporation